FC2ブログ
avatar image

ステータス(INTとDEX)について

魔職をするうえで、火力に直結してくるステータスがINTとDEX。

ここではその二つのステータスについて、ふんわりとしたイメージだけどできるだけわかりやすく説明していこうと思います。







★ INTについて
  物理でなぐるのがSTRなら、魔法でなぐるのがINT。単純にこうなのですが、ステータスとしてのINTをあげるとどのような特徴があるのか火力に関するところをおおざっぱにみてみます。


① 1上がる毎にMATK+1
② 5上がる毎に武器MATKにかかるペナルティの減少→武器MATKのペナルティについてsagewikiが参照しやすいです
③ 6上がる毎にSP自然回復量+1(INT121以上はさらに追加で2毎にSP回復量+1)
④ 7上がる毎にMATKボーナス( ((INT/7)×2)÷3)
※4/21追記。上記式は7あがる都度のボーナス値の計算式です。最終MATKボーナスを計算する場合は((INT/7)の2乗)÷3)となります。(コメントありがとうございます)
⑤ 詠唱速度の向上(INT/2+DEXが265を超えると無詠唱)


おおざっぱと言いましたがいろいろボーナスがあります。

まず、①と④ですが、これは火力に直結する部分です。現状ステータスをそこまで微調整して装備を選んでる人は少ないとおもいますので、おおざっぱに7の倍数が強くなる、程度でいいとおもいます。マランエンチャントでINT14つければ2段階くりあがり確定です。

具体的にINT139からINT140へ上がったときのMATKボーナスが13くらいです。これは補正のINT込ですので、暴走した魔力が発動するとこのボーナスも最低18回分の繰り上がりがあるわけですね。


具体的にどれくらい暴走した魔力(INTが200上がると)がでると繰り上がるのか、下の画像を見てください。

INT 補正

上の画像がINT140時のMATKです。
左の300というMATKが、INTとDEX(あとLUK)であがるステータス値でのMATKです。

下が暴走した魔力の発動後。
INTが340になるとMATKが835上昇していますね。


INT7毎のボーナスはINTが高くなれば高くなるほどボーナス値も大きくなるため、単純にMATKを伸ばすにはINT値が重要というのがわかります。暴走した魔力がつよいわけです。ちなみに349→350時の繰り上がりボーナスがだいたい33.3です。


つぎに②ですが、物理攻撃にもSTRが足りないとペナルティがあるのと同様、魔法も武器MATK値によってINTが足りないとペナルティが存在します。

計算式としては
INTペナルティ = [ ( 武器MATK + 精錬定数 * 精錬回数 ) * 2 / 3 ] - [ ( INT / 5 ) ^ 2 / 武器レベル ]

ということなのですが、(sagewikiより)

とりあえずよく使う武器だけ把握しておけばいいとおもいます。

+10サバイバルロッド  INT95
+10シャドウスタッフ  INT120
+7スタッフオブディストラクション INT150(10時155)

補正値こみの数字ですでSODやアーティファクトのⅡ系以外の武器は130もあれば大丈夫そう。
よっぽどINTを削らない限りは両手杖以外はだいじょうぶです。

 
③は火力というかSPの回復量についてです。
INT120以上のときに回復ボーナスが追加であるよ。程度ですね。暴走した魔力が発動するとだいたいSP回復量が+100されます。


⑤についてはDEXとの併用になってくるとおもいますが、2上がる毎にDEX1分の詠唱速度向上が得られます。
ステータスによる無詠唱を狙う場合、DEXよりも影響は少ないですが、やはり高INT高DEXにならないとステータスの無詠唱はきびそうです。
暴走した魔力が発動すると、INTが200あがるので、DEX100分の詠唱速度向上が得られます。ですので暴走していると大体無詠唱になるのはこのためです。
ちなみにわたしのDEX40の子は暴走魔力でも無詠唱になりません。



ざっとみてまとめとして、
INTが上昇すれば得られるボーナスも多く、火力に直結する。
というかんじ。

現状ステによる火力より、装備の能力を発揮するためにステータスを求めてくる場合が多く、(知力の時空ブーツや暴徒のスカーフ等)そういった装備に対応するステータス降りが流行りとなっています。

そのため、ステータスに関するボーナスは忘れられがちですが、知識として知っておくと、装備に対する見方もかわってくるかもしれません。







★ DEXについて
  こちらも魔職に関して重要なところを抜粋して記載します。

① 1上がる毎にMATK+0.2(ステ画面ではDEX5ごとにMATKが1あがります)
② 1上がる毎に武器MATKのダメージのバラツキ(最少ダメ)を武器レベルにもよりますが大体1程度底上げ
③ 1上がる毎に詠唱速度が向上(INT/2+DEXが265を超えると無詠唱)


①MATKに関してですが、INTの1/5の上昇値のため、ほぼ気にする必要もないです。ブレッシングをもらうと2あがる。すごい。


②が一番説明しにくいポイントですが、ステータスによるMATK(INT値)と固定値MATKには、だめーじのブレはありません。
ですが、武器MATKについてはゲーム内記載はないですが上限と下限があり、DEXがないとこの差がひどく、ダメージのブレにつながります。
また、武器MATKのブレ幅は武器レベルと精錬値にも左右され、武器レベルと精錬値が高ければ高いほど、そのブレ幅がひろがります。


具体的にどれくらいブレ幅があるのかシャドウスタッフを例にしてみます
シャドウスタッフ(武器レベル4でMATK130、精錬値が10)の場合で


・ INTが120(ペナルティなし)、DEXが1の場合   実際に計算される武器MATKは44~280

・ INTが120、DEXが120の場合             実際に計算される武器MATKは203~280


極端な例ですがざっとこれくらいの差がでてきます。最低MATKが160近くちがう。

当然ですが、ここにスキル倍率やカード効果、魔法ダメ%等がかかってくるため、最低ダメを引いた時と最大ダメをひいたときの最終ダメージの差すごいことになってきます。

これからわかるとおり、DEXはダメージの底上げに必須ということになります。
カルデュイの耳という頭装備中段が実装以後、魔職はだいたいDEXを120振るのが主流となっているため、意識せずにダメージの底上げをしてることとはおもいますが、改めてDEXの大切さがわかりますね。


ちなみになのですが、武器MATKは過剰すればするほど、上限と下限も広がります。(武器レベルがあがるほど上下にひろがる)
つまり未精錬の武器のほうが下限は高いです。(未精錬のほうがばらつかない。DEXが極端に低い場合、過剰した武器のほうが低いダメージもありうる)
また、武器レベルやMATKが低い武器で、DEXにより下限の底上げが上限を超えた場合、ダメージは一定になります。(計算式上、最低ダメージが底上げされて最大ダメージを超える場合がある。その場合はダメージが最大ダメージが最低ダメージになり、ダメージが一定になる)


なお、ウォーロックには、リコグナイズドスペルという武器MATKを一定化するスキルがありますが、これは安全精錬圏内までのMATKを一定化(最小値=最大値)にするのであって、過剰精錬分にはこのスキルの効果がかかってきません。

現在のDEX120が主流ステとなったいま、武器によりますが(具体的にSOD)安全精錬圏内であれば下限と上限の幅がかなり少なるなるため、リコグナイズドスペル自体をとらない人もふえています。


③についてはINTのところでも述べた通りなのですが、DEXがあがるにつれて詠唱速度が向上されます。
INT値の2倍、向上効果がえられますので、詠唱速度を求めるなら高DEXがおのずと必要になってきます。
当然スキルの詠唱速度があがる=スキルの回転率があがる、ですので確殺狩りではなく長期戦をみると火力アップになります。


DEXのまとめとして、
DEXは火力補助に必須。詠唱速度もおおきいよ。



総評として、どちらも必要なステータスです。
ですが最近の流行のステ型のせいもあり、だいたいみなさん一定値以上を振ってる気がするので、そこまで神経質にならなくていいきもします。

これを思うと暴徒のスカーフの前提ステ(I=D120)なんかは魔職にとって理にかなってるステータスを要求してきてますよね。
INTをけずるっていう選択肢を完全に奪ってきてるけど。


ながながと書いてきましたが参考になるようなことはあったでしょうか。
魔職をしてると、なんとなくでもINTとDEXは高くなる方が強くなる実感があるので、詳しくはしらなくても感覚で把握しているところもあるとおもいます。

わたしも理論詰めは得意ではないので、おおざっぱにでも知識の一つして頭の片隅にでもおいてもらえたら幸いです。


※ 職によってはスキルの計算式の中にステータスがそのまま盛り込まれているものがあります。そういった場合MATKボーナス等より直のINTが大幅な火力増加につながることがあるため、一概にMATKが高い=正義というわけではありません。
WLに関してはMATKが正義です。

 
関連記事
スポンサーサイト



Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • かな to ろな
  • URL
Re: Re: ありがとうございます

> いつもご愛顧ありがとうございます。
> これからも頑張って更新しますのでよろしくおねがいます。
>
> ご指摘のあった点ですが、最終値のMATKボーナス計算がご指摘のあったとおりでございます。
> 記事はでINTが7あがる毎のボーナス値、という紹介ですので、都度のボーナス値は記事に記載のとおりの計算式となります。
> 合計値か、都度かの違いです。
>
> ご指摘内容を追記させていただきます。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する