FC2ブログ
avatar image

#.061 幸福の盾[1]




神に祈りを捧げ清められた盾。
この盾を装備すると幸福が訪れるという。

幸福の盾




ここで言う神というのはモチーフになっている北欧神話の主神オーディンのことを指すのか、はたまたアルナベルツ共和国の教皇様などをさすのかはわかりませんが、とにかく清められた盾。

むしろゲーム内でもキリエエレイソンやグロリア等カトリック系の言葉がでてくるので実はイエス様のことかもしれない。
いまいち宗教観がわからないプロンテラ大聖堂です。


ちなみに私は魔王とよばれてますが、カトリックでいうところのベルゼブブが元になってます。(たぶん)
呼ばれ始める以前からアクセサリーがWブブだったので魔王を従えているという扱いだったからです。



それは置いといて、装備について。

初出は2017/07のらぐ缶AugustのC賞。まだ割と最近の装備です。あ、このときのA賞がヴェルゼブブですね。




オーガストでちょっと小話。

また話がそれますが、8月(August)は元々30日でした。

太陽暦の月日の制定の変遷の中で、古代ローマの王、オーガストは、暦の修正の際に、ユリウス(7月のこと、ユピテルサンダーのユピテル)の月が31日であるのに対し、自分の名を冠した8月が30日と、一日少ないことに劣等感を感じたため、2月から一日奪って31日にしたとされています。オーガストが定めた歴より以前は2月は29まででした。(うるう年で30日)

変なところで割を食う2月。かわいそす。





戻します。

靴系のEXPUP装備とは違い、盾でのEXPアップ装備になります。
靴系と大きく違うところは


・ 被ダメージが増えるというデメリットがない。


というところでしょうか。
種族耐性の盾を刺せばその耐性種族からの経験値が精錬値により最大15%増しましできます。
さらに靴とちがうところは、部位としての靴は大きな火力アップを担っていますが、盾は特殊なものを除くとほぼ耐性がメインであり、狩りでは靴部位をつぶすよりはデメリットがほぼないままに経験値アップが図れるところ。

その耐性も種族耐性カードを装備するため、狩場に適した装備となります。


ですので、特に盾で確殺調整が必要ない狩場において、デメリットなしに経験値上昇をつけることができます。
むしろ最大のデメリットはその重量(350)です。


具体的なメインが種族統一狩場で、特に盾をつかわず確殺調整がしやすくWLが通いそうなところをあげてみると

・ バリオフォレスト
・ 蟻地獄
・ スカラバホール、ガーデン(ガーデンはコート必須)
・ 名もなき島02(ネクロマンサー)
・ ロックリッジキワワ砂漠02(弱い牛)

あたりでしょうか。
他にもいろんな狩場があるとおもいますが、上記のような狩場だと導入もしやすく、レベリングのお供としては最高の装備となります。


+6くらいまででしたらそこまで気負わずともできそうですし、もうすぐ来ます精錬祭りでは6までなら簡単にできるとおもいますので、WL以外でも全職でレベリングに使用可能のため、一つか二つ倉庫に眠らせておくのも悪くないとおもいます。






関連記事
スポンサーサイト



Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する