FC2ブログ
avatar image

#.067 火雷大神靴[1]

東方のある国に古くから伝えられている神の名を冠した履き物。
常に炎を纏っているが装着者を傷つけることはないといわれている。

炎雷大神靴1


初出は2016のアニバイベント



14アニバ
セカコスWLかわいい。


イベント後は月夜花のドロップテーブル修正により、月夜花から入手することができます。



精錬値毎にMATK+5と詠唱速度-1%と、魔職にはうれしいオプションとともに、トラペゾヘドロンシューズと多少の被りはありますが、4属性に対しての火力アップもあります。

念・不死モンスターへのダメージアップがあり、これらの弱点を突けるソウルエクスパンションととても相性がいいです。


また、月夜花カード(ボスカード)が必要となりますが、セットとすることにより、さらにこの靴の真価を発揮することができます。

セット効果により、

・ 精錬値毎にMDEFが10、MATKが追加で15あがるため、高精錬品を用意することができれば、MDEF100を超えることによる凍結・石化への耐性を100%とることができる。

・ ヒール10が使えるようになる。


なかなかむつかしいですが、10まで行けば靴単体でMDEDF100を狙えますし、また、最近の装備のように、いくつまで過剰しなくちゃいけない、というオプションがないので、妥協できる範囲で扱えるのも特徴です。

あまり目がいかないですが、ヒール10もすごい。HP回復量アップ系の装備がほとんどなくてもWLだと4kくらいのヒールが使えるようになります。WLにはドレインライフがあるので、大きな出番はありませんが、ソーサラーで使う場合には強力なHP回復手段となります。



ちなみに私は、この靴をもっていたのですが、普段使いだと魔呪のブーツを履いていることがおおいため、月夜花カードをこの靴かからはがし、魔呪ブーツにさすという暴挙にでました。後悔は・・・最近ちょっとしてます・・・

それもこれもジョンダパスとかいう麻薬がでたせい。こいつのせいでわざわざ移動速度増加効果のあるヤファを使う必要がかなり薄くなりました。


麻薬
ROって月額3000円のゲームなんだよッ!




ところで、どうしてこの靴がヤファとセットなんだろう?


〇 この靴の冠している火雷大神(ほのいかづちおおかみ)について


あまり聞きなれない祭神かもしれないので簡単に説明。おおざっぱな流れと個人的解釈が入っているので、興味のある人は古事記または日本書紀を一度手に取ってみることをお勧めします。


古事記でもおなじみの日本創生の神話に出てくる話で、イザナミが火の神カグツチを産んだ後、その火傷で亡くなってしまい黄泉の国へ落ちてしまう。

それを追いかけて黄泉の国へ来たイザナギがイザナミの姿をみたときには、 すでにイザナミの遺体は腐ってうじがたかり、遺体の各部に八雷神(やくさのいかづちのかみ)が生まれていた。


この八雷神の1柱が火雷神です。

八雷神を総称して火雷大神と呼びますが、8柱にはそれぞれのつかさどる姿があります。

八雷神は 『古事記』と『日本書紀』では各部の箇所や生れた雷神に違いがあるため、ここでは古事記をベースに各部位と名前を紹介します。

イザナミから生まれた雷神達のイザナミの部位は


頭部  大雷 (おおいかづち)
胸部  火雷 (ほのいかづち)
腹部  黒雷 (くろいかづち)
陰部  柝雷 (さくいかづち)
左手  若雷 (わきいかづち)
右手  土雷 (つちいかづち)
左足  鳴雷 (なるいかづち)
右足  伏雷 (ふしいかづち)

となっており、それぞれの雷神達は

大雷神は強烈な雷の威力を、
火雷神は雷が起こす炎を、
黒雷神は雷が起こる時に天地が暗くなる事を、
咲雷神は雷が物を引き裂く姿を、
若雷神は雷の後での清々しい地上の姿を、
土雷神は雷が地上に戻る姿を、
鳴雷神は鳴り響く雷鳴を、
伏雷神は雲に潜伏して雷光を走らせる姿を、

つまりそれぞれが雷が起こす現象を示す神だと考えられています。


その中で火雷神は

「火」は秀・稲にも通じ尊いことを意味して二番目の神。
また、雷は火を伴うので、たんに雷神と言う時、火雷神をさす場合もあります。

さらに、怨霊となった菅原道真は落雷を起こしたので、火雷神や雷神と呼ばれる場合もあります。(菅原道真はここでいう火雷神ではないので、あくまで余談です)



火雷大神については神武天皇の時代から祭神としている神社が奈良県葛城市にあります。


葛木坐火雷神社

炎雷神社2
この神社では
穂に通じ、農耕についての祭神となっています。(まさかの車で30分程度の距離だった)



話はもどりますが、装備の説明文を冒頭でかいたように


東方のある国に古くから伝えられている神の名を冠した履き物。
常に炎を纏っているが装着者を傷つけることはないといわれている。


となっています。ここまで見てきたとおり、火雷大神と総称する場合は基本雷神の事をさします。

単に雷神という意味では、常に炎をまとっているというのはおかしいとおもうので、ここでは8柱のうちの火雷神のことについて言及しているようにもみえますが、


古事記でも日本書紀でも、火雷神の生れた部位は、胸部。です。


この時点で靴のネーミングを間違ってる気がします。もしくは火雷大神で通すなら説明文がおかしいきがします。



靴にするなら


鳴雷神か伏雷神、または日本書紀からとるなら「野雷 (ぬのいかづち)神」がふさわしい感じ。ただそうなると、炎が関係ないですね。



この辺の考証が甘い気がしますね。


まあいちいち装備の説明文を掘り下げて考察するサイトなんて他にないだろうけど。



  総合して個人的見解として


名前の雰囲気だけで炎つけちゃった系。




〇 では、月夜花と炎雷大神って何か関係あるのでしょうか。

ここについては、すいません。

月夜花がどういったモノなのか、韓国語でも調べたのですがいまいちよくわかりませんでした。
ROのオリジナルみたいな感じがします。

詳しく知ってる人教えてPLz!!!



まあもともと韓国のものと、東方由来のものなのでセット装備になる理由は特になさそう。
靴のグラフィックがヤファの足元に似てるから、くらいですかね。



ながながと書いてきて何も解決していないので
最後にかわいいヤファ置いておきます。

月夜花1






どうでもいいですが、月食装備でハティがきたので、次はスコルの太陽喰いがくると個人的に思っています!(スコルって未実装だよね。)


※ハティ 北欧神話で常に月を追い求める存在。ラグナロクでは月に追いつき、月を飲み込んだ(月食はハティが飲み込んだため起こると考えられていた)

※スコル 北欧神話で常に太陽を追い求める存在。ラグナロクでは太陽に追いつき、太陽を飲み込んだ(日食はスコルが飲み込んだため起こると考えられていた)

どちらもフェンリルの息子であるとされている。


関連記事
スポンサーサイト



Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

  • だばぁ
  • URL
No title

ムスペルスコールをムスペル+スコール(スコル)
とすれば、どうでしょう!?

  • かな子
  • URL
No title

すごい一理あります。
ムスペルはムスペルヘイムなどの火の国の意味で、スコールは単純にオオカミという意味でとらえても火狼で姿かたちもスコルですね。

これってモロクの部下にしないでムスペルってつけないほうがよかったんじゃない系・・

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する