avatar image

T_W_O WLソロ

こんこんさまー!かなこだよー!


前回のイーブルに続いて第2弾としてT.W.Oをやってみようと思います。

ダンジョン自体は実装から3年ほど立っているので、攻略法はほぼ確立しているとおもいますが、簡単にWLでの立ち回りのご紹介です。











■装備

基本として抑えておきたいもの

・ 風耐性(できれば110以上)
・ 火鎧
・ できればMDEFを100%無視できる装備

このあたりを軸に抑えておけばWLの場合は割とどうとでもなります。


耐性を安くあげるなら

・ R-wind×3エクセリオンウィング
・ 永劫のニーヴ(風)・傷のニーヴ(無形)付き金剛盾か、R-wind挿しエクセリオンシールド(カードはネオパンクとビッグベンの武器カードセットがMDEF無視も取れていい具合)
・ E-fireエクセリオンスーツ

当然最低限これがあればいいという装備なので、耐性を落として火力に回したり、他の装備で耐性をとったりするのも全然問題ありません。


T_W_Oの特徴として

・ 開始時の属性は闇1、後半になると風属性に変化し、属性レベルはランダムで1~4になる。

・ システム01が4か所に同時出現しており、倒す必要はありませんが、倒さないとサイトラッシャーの回数とファイアーピラーの数と広範囲サンダーストームの量がすごい(耐性でどうにでもなるので放置推奨)

・ 取り巻きのシステム02が詠唱は長いけどディスペルをしてくる

・ 後半は定期的にサイトラッシャーから始まる火魔法連続攻撃をしてくる

・ 属性変化後は爆裂もはいります。BDSやクリスラを直撃すると割と死ねるのでSW維持はわすれずに。

・ 属性変化後は風ブレスを1秒に1回程度、通常攻撃のかわりにしてくる。


FPは火耐性なしに踏むと、WLだと即死レベルのダメージをもらうので、踏まないように注意するか、自信がなければ素直に火耐性をとってください。抱える位置が中途半端な場所だと、サイトラッシャーやBDSでぶっ飛ばされて踏まされます。

TSとJTは風100あれば全て1ダメで済むのできになりません。



T_W_Oだけでなく、属性ブレスについての仕様ですが

・ ブレスのダメージは無属性物理ダメージ(STR依存)と魔法ダメージで構成されており、最終ダメージは物理ダメージ(SWで防げない)となっている・
・ 属性耐性で軽減できるのは魔法ダメージ部分のみ。
・ 計算式上、耐性が100%を超えた魔法ダメージ部分は内部処理上は回復扱いとなり、物理ダメージを相殺する。(例えば110%の耐性をとっていると、魔法ダメージの10%分が回復に転じる)
・ 回復分が物理ダメージを上回る場合、最終ダメージが物理ダメージで1固定になる。


となっています。


とてもとてもざっとなたとえで

ブレスのダメージが物理部分が1000、魔法ダメージが20000だとすると、

1 耐性0のときは
  合計ダメージ21000

2 耐性が100のときは
  物理ダメージ1000、魔法ダメージ0で合計1000

3 耐性が105のときは
  物理ダメージが1000、魔法ダメージは耐性が100をこえた5%分 20000×5%の1000が回復と転じて
  合計は相殺して0となり、最低保証だめーじの1

となります。


T_W_Oの場合、他のブレスをうってくるようなボスよりSTRがそこまで高くなく、MATKが高いので、だいたいの目安で風耐性を110%程度とっていると、ブレスのダメージが1固定となり、後半の主な死亡原因をつぶすことができます。

はじめに紹介した装備+風レジストポーションで115%以上とることができるので、後半はSWさえしてれば負ける要素がほぼなくなる寸法です。

参考ですが、私はエナージートなし風耐性75で挑んでいますが、その際のブレスがだいたい1撃9k前後です。死にはしませんが感じ。




■立ち回り


個人的にオススメの立ち位置として、画面右上のこの位置。

TWO立ち位置1

南西がオブジェクトになっていて、東と北が壁になるので、真西か真南から以外ぶ攻められることがありません。南側にTWOがくるように誘導しよう。
FPは発動しないし、背面は全て壁となるので、ノックバックの心配もありません。
ただ、開始初期位置からここにいると斜線がきれているので、南側からT_W_Oを誘導する必要があります。



TWO立ち位置5
画面を90度回転させてますが、こういう感じにTWOを誘導しよう。クアグマイアしておけば誘導もしやすいです。






TWO立ち位置2

T_W_Oは射程が2あるため、自身の2セル前に来ることになります。(図SWの位置)



TWO立ち位置4
(画面を90度回転させた図)


このTW_Oの位置は、左右がオブジェクト(壁)になっているため、T_W_Oの足元にFWを置くと、TWOのセルのみに火柱発生するため、

暴走や真理が発動するまでFWを連打することができます。

暴走もちのばあいはとてもオススメな立ち位置です。



前半は闇1なので、チェーンライトニングをメインにドレインライフやエクスパンションなどをうまく組み込んで闘いましょう。
サバセットの場合はCL連打でOK。

システム02がいるときにクリムゾンロックをすると、うしろにばらけてしまい、ディスペルが飛んでくる可能性があります。

スキル連打する際に、ついつい歩いてしまう、という場合は、基本位置にたどり着いたらリーディングスペルブックを使用して位置ずれ防止するのも大ありなので、どうしてもずれてしまう人はスペルブックの活用をしましょう。→スペルブックについて


後半は風属性になるため、ヘルインフェルノメインで戦えます。属性レベルによってはCLもダメージがとおるので、そのまま押し切ってもいいです。




属性耐性がしっかりしていて、SWを切らさなければ負ける要素がありませんので、どっしり構えて戦いましょう。
火力が低い場合はSP枯渇のおそれもあるので、火力に自信がない方は回復剤とジェムを多めにつんでいきましょう。






さいごに、いつもの参考にならない参考動画

力こそぱわー!(属性チェンジまえにおしきるやつ)


関連記事
スポンサーサイト
Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する