avatar image

ヴェルゼブブ WLソロ

野良でもET産でも。WLでのブブの取り扱い方です。基本はブラギ必須だとおもいます。



ヴェルゼブブ(変身後)



ヴェルゼブブの主な仕様について。(ざっと解説)


・ とにかく取り巻きがいっぱい。取り巻きはドラゴンフライを除くチョンチョンの形をしたもんすたーがランダムで召喚される。ヘルフライが多め。うまく調整すれば全部チョンチョンとかもやろうとおもえばできる。(やりたくない)
・ 本体よりも、取り巻きとして召喚されるヘルフライの数の暴力がやばい。
・ ヘルジャッジ・パルスストライク等の攻撃はあるが致死ダメージにならない。
・ SW維持できないと盾が破壊されるおそれがある。
・ HPが半分くらいになると長めの詠唱が始まり、詠唱がおわると変身してHPが全快する。
・ 変身後はランドプロテクターを使用する。(LP使用についてはセリアのAIといっしょ?)
・ 変身後はマジックミラー(魔法反射)がある。
・ HPが減ってくると逃げる。かわいい。


これだけを見ると、WLで戦う事自体無理じゃね。って思うレベル。変身後はメイン火力となるHIやCLを使うだけでこちらが死にます。



ただ、変身後のAIには少し穴があり

・ LPはダメージモーションをとっていない追尾の時のみ。
・ マジックミラーの使用条件はターゲティング魔法を喰らった時に行う。

無条件でちかよったらLP引いてくるイフリートみたいなやつとちょっとちがいます。
反射も反射持ちの大体のmobがするような追尾状態でするわけでもありません。


つまり、


変身直後には

・既にダメージを与えている状態を、
・地面設置魔法だけで継続戦闘すれば、

反射もLPもなしに魔法で攻撃し続けることができます。

そして、取り巻きがうざいなら、取り巻きを一瞬でほふれる火力をだせばいいのです。



つまりメテオ!!!



ただ、メテオには使用後ディレイが7秒ととても長く、連打するにはディレイカットが最低95%以上くらいなければ、連打が困難なこと、また、火力特化にするにはエントヴァイエンカード挿しの抹消者ローブや、ひまわり少年などの特殊な装備が必要になってくるため、ソロでの運用がとても難しい魔法になっています。

ですので、ET等では可能であればブラギ前提で考えてもらう方がいいかもしれません。

わたしはソロでこなしますが!




■装備

装備というか、ブラギ込でいいので闘える前提というか。

・ 無詠唱
・ 無ディレイ
・ サラマンダー挿し肩
・ +9ひまわり少年(不死の軍団認識票)or+9抹消者のローブ(エントヴァイエンカード挿し)
・ 暴走した魔力
・ MDEFを100%無視できる装備

このあたりを抑える必要があります。とにかく火力をださないと、ヘルフライにタコられます。
逆にいうとこのあたりをしっかり抑えてしまえば、メテオを連打しているだけで勝手に焼けてしまうような相手ということです。






ソロだと上記を全て抑えたような装備は全く現実的ではありませんが、私のソロ用装備はこんな感じ


ブブ用装備

上段 : +10フェンリル挿しガーデンオブエデン<真理の解放><スキルディレイ-6%>ダブル
中段 : キエル-D-01カード挿しグラス
下段 : 暴徒のスカーフ
服   : +9エントヴァイエンカード挿し抹消者のローブ(暴走した魔力)
杖   : +7デビアスカード挿しディーヴァワンド(ボス魔法ダメ20%)(スキルディレイ-15%)
盾   : +9金剛石の盾<名誉のニーヴ(熟練)><血のニーヴ(知力)><死のニーヴ(知力)>
肩   : +8サラマンダー挿し連合司令官のマント<スキルディレイ-4%><スキルディレイ-6%>
靴   : +7月夜花挿し魔呪のブーツ<魔力1><プレイヤー耐性5>
アクセ: ヴェルゼブブ挿し戦乙女の雫×2

この装備で変動詠唱-118%、ディレイカット-102%、固定詠唱-70%という、スキルを扱う上で理論値最速となっています。メテオというか、WLをするうえでストレスフリーを極めようとした結果がこうなってしまったのですが。(とくにやふぁ)
そして当然ですがメテオ用の火力特化も抑えています。

耐性等は捨てていますが、エナジーコートとECで即死がない相手ならわりとどうとでもなります。





ここで、メテオの仕様として少し抑えておきたいのが

・ 初速が遅く、火力がでるのが1秒以上後になる。
・ 詠唱から7秒間ダメージオブジェクトが続くので途中で詠唱をやめても7秒間はふりやまない。

ということです。


・タゲられてからメテオを連打したんじゃ、火力がととのうまえにヘルフライにおしきられてしまうので、戦闘のさいはメテオ連打している中に誘いこむ必要がある。
・ 火力にもよりますが、連打しすぎると、変身の為の詠唱中にヴェルゼブブがそのまましんでしまう。

といったことがあるのでこの2点はしっかり注意する必要があります。


私の場合は、タゲられるぎりぎりくらいの射程で、ずっとメテオを撃ち続けて飛び込んでくるのを待ってる感じですね。

まさに飛んで火にいる夏の虫。

また、私の場合だと3割くらいへった時点でメテオを控えめにしないと、余熱で変身前に焼き切ってしまうので細心の注意が必要です。



ところで、飛んで火にいる夏の虫とは

羽虫等には、走光性という生物の生存を高めるための本能があり、本来は月明り等を指標として飛ぶために利用されるのですが、夜の人工的な光にも同等の本能が働き、光によってくる性質を示します。空に飛びたいに光源が低いため、混乱して人工光にむいてらせん状に飛ぶみたいです。
コンビニの軒先にある青い光がまさにそれですね。ぶつかったら電流ながれてバチってなるやつ。



わたしもぶぶをバチってやります。細かいことは動画を見てもらうのがてっとりばやいです。


名無しの平和絶対守るマン




 
上手にやけましたー

これができるようになると、ソロETでも99Fでブブをひくとボーナスゲームみたいなもんです。あ、ヒバムさんは帰ってください・・



PTの場合の注意点として、他のメンバーにターゲティング魔法を使わないようにきちんと通告しておくこと。ですかね・・
反射がはいると、死にます。





関連記事
スポンサーサイト
Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する