FC2ブログ
avatar image

#.095 魔力の書第一巻[1]

魔力の書第一巻[1]


魔力の書第1巻


難しい言葉がゴマ粒のように小さな文字でびっしり書かれた分厚い本。
シリーズで刊行されたようだ。
—————————————
MDEF + 3、INT + 2。
—————————————
ダメージを受けた時、一定確率で敵にスタンをかける。
—————————————
系列 : 盾
防御 : 18
重量 : 100
要求レベル : 70
装備 : マジシャン系


この手のシリーズモノで第2巻がでてるのは約束の聖書だけな気がします。シリーズとは一体。thinking.jpg

まあシリーズというか連載というか、続けばいいていうものでもないですよね。盗賊のすゝめと料理王オルレアンはいい加減続きをだしてください。あと原作Ragnarok。15年も放置してるんじゃないわよ。富樫先生より富樫病してるじゃないの。


幽遊白書やハンターハンターもあそこで終わっていれば・・と富樫先生は思っていたのではないでしょうか・・引き延ばしはジャンプ漫画の悪の元凶ですし。ジャンプではないですが名探偵コナンなんかも季節ネタをずっとやってましたが、時間経過としては3か月くらいらしいですし・・・

あ、銀魂もおわるらしいですね。



ちなみにわたしは狩り中に

CL倍が発動すると25ぱーせんとぅ!暴走か真理出たら50%だ!
全部発動で100%中の100%とぅ!!!!って心の中で戸愚呂になったつもりで囁いています。

幽遊白書アニメ再放送のせいですねこれは。
ちなみに放送がみれる範囲ではないのでDアニメで全部見直しました。ほほーえみーのばーくーーだん!


それはさておき、この嗜好シリーズもなんかいつのまにか95回。
ブログ始めた当時は40くらいまでこのネタだけでずっとひっぱってたんですね。なんでこんなに勢いよく書いてたのか理解できない。しかも当時のほうがネタにキレもあったきがします。書き始めのころなんて誰もみてなかっただろうにぶっとんだことやってたとおもいます。お時間がよろしければ過去のシリーズもみてください。


装備名を記事タイトルにしているせいで、真面目に装備を調べようとした人がコレじゃない感を受けてしまい、苦情に発展する例も散見されており、そのあたりは大変申し訳なくおもっています。
具体的にグウィバーの皮。スキルディレイのことを調べるつもりでここの記事をみたらイギリスの話からルイズしてるのを見て肩透かしをくらうんですよね。苦情いれたくなる気持ちはすごいわかります。

真面目に考察している記事と、ふざけてるのが極端に二分しているせいもあるのもいけないところだとわかってはいるのですが、このままシリーズを続けようとおもっています。当ブログの大黒柱的なカテゴリーですからね。


さらにちなみにちなみにですが、8月半ばのぶROぐの人気記事に

ぶROぐ

3か月以上前の瑞々しいだいだいが上がってきてて驚きを隠せなかったりします。



話がかなり個人的な内容にそれましたので本だけに本題。


実装は2008年(R前)の11月クジ。(古いためリンクを見つけることができませんでした。)
当時としてはMDEF3と、盾でINTが2も取れるすごい盾。メモライズブックの完全上位互換です。
R前の盾としてはスロットありでINT2は最上級装備だったんじゃないでしょうか。ただ、メイン狩り場となる名無しやトールといったところでは火耐性がすこしでもほしいのでヴァルキリーシールドがとても優秀でなかなか天秤にかけにくかったというイメージもあります。

INT上昇もさることながら、この装備のおもしろいところは、


ダメージを受けた時、一定確率で敵にスタンをかける。


というオプション。


低VIT相手だとかなりのスタン率があったりします。体感10%以上くらい。
SWなどでミスになってる状態でも相手がスタンしたりします。

R前と違い、耐性的なオプションがほぼ必須な現環境と、レベル偏差による高レベル相手には状態異常の発生しない問題があるので出番がまったくなくなりましたが、わあるど倉庫もきたことですし、露店でみかけたら一度あそんでみるのもいいかもしれません。




関連記事
スポンサーサイト



Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する