FC2ブログ
avatar image

正倉院展いってきました。

ROと全く関係ないこと。

今日は正倉院展最終日ということで、非売品チケットをゲットしていたので奈良県は国立博物館まで足を延ばしてきました。




正倉院展
館内撮影禁止のため、これといった写真はとっていませんのであしからず。

個人的には歴史というのは大好きで、ちょくちょくこういう展覧会に足を運んだりします。
日本人のすごいところは、1200年以上も前から、宝物庫にこうした品々を丁寧に保管し、目録をつけ、管理表で何を出し入れしたか、だれに貸したか、借金のかたに売ったとか。そういうのをきちんと残してるのがやべえ。

ROで誰に貸し借りしたのか覚えてない私なんかよりよっぽど当時の人達はすごいとおもいます。


今回見に行った中で個人的にやべえとおもったのは公式HPのトップにもなっている平螺鈿背八角鏡と玳瑁螺鈿八角箱。

1200年前にこんな物がつくれたのかよ。っていうのとそれがそのまま残ってるのかよ。っていう驚きがやべーです(箱は一部手直ししてあるらしい)


1000.jpg
1001.jpg
(画像はなんか中国のサイトで正倉院の説明サイトがあったので転載しました。ダメそうなら消します)



当時の美意識の高さ。すばらしいですね。



まあ最終日ということもあって平日でもすごい人・人・人。管内はさすがに日本人が多かったですが、それ以外のところはよその国の言葉しか聞こえないレベルにYOUがおおいです。

そんな言葉も人種も違う人が行く先でみんな写真を撮っていた鹿がいました。



落ち葉と鹿


落ち葉を布団替わりにしてる頭よさそうな鹿。
コイツ絶対狙ってやってるくさい。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

  • omachi
  • URL
No title

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

  • かな子
  • URL
No title

コメントありがとうございます。
ご紹介いただいた小説、時間があれば読んでみようと思います!
小さい時から日本史だけは勉強以外にも自身で本を読み漁るほど好きだったのでそういったお話は大好きです!


Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する