FC2ブログ
avatar image

#.034 金剛石の盾

金剛石の盾


金剛石の盾


王国近衛騎士の盾。
—————————————
BaseLv150以上の時、追加でDef + 100
─────────────
[金剛石の盾]の精錬値が3上がる度に追加でDef + 20
─────────────
[栄光の証]と共に装備時、追加で完全回避 + 10
—————————————
系列 : 盾
防御 : 50
重量 : 100
要求レベル : 100
装備 : 全ての職業

Episode:Banquet For Heroes ~七王家とユミルの心臓~(2016/11/8)で実装されたニーヴエンチャント対応となる盾。

#.018 狙撃手の手袋でも少し紹介しましたが、手袋にエンチャント出来る

安息のニーヴ(HPやSP系)
血のニーヴ(ステータス系)
名誉のニーヴ(詠唱短縮やディレイなどの補助系)
死のニーヴ(%アップ効果やDEF系)

に加え、

永劫のニーヴ(属性耐性)
傷のニーヴ(種族耐性)

の6種カテゴリーから最大3種類を選んでエンチャントできるので、プレイスタイルに合わせてた装備を簡単に作成できるのがニーヴ装備の利点でです。

また、永劫と傷は盾専用であること、他のニーヴは精錬値を参照して能力を高めることができるので、過剰すればアクセサリーにエンチャトするより性能はよくなります。
ちなみに、他部位を含め同じニーブエンチャントをした場合は、ダークハンドとのセットは重複しませんのでお気をつけください。




ここからは私の主観になりますが、

ウォーロックでこの盾を装備する場合においては重量が100と他の盾より重く、狩場に複数持って出かけるには不向きとなっています。

また、耐性をとる場合でしたら、無理にこの盾を選ぶ必要がなく、カードが使えたり他の特殊効果がある盾のほうが便利な場合が多いと思います。

ので!!



私がここでオススメしたいのは火力特化となるニーヴです。


重量も重く複数持ちには向かないなら、PTプレイでならではのタゲられない後衛から火力特化にして持ち歩こうという算段です。


盾で火力が上がる装備というのはウォーロック系では

MATK上昇系は
エクセリオンシールド(A-MATKを刺す場合)
ソロモンの魔導書(INT120の場合)

属性特化として
ガイアシールド(土特化)
アネモスシールド(風特化)

特殊として
抹消者のローブとセットでつかうデイヴィットシールド(魔法ダメ10%)


くらいのもので、ガイアとアネモスは狩場特化で重量が200と350で重すぎます。
エクセリオンシールドでMATKを盛るのはそこそこ強いですが、せっかくのエクセリオンシールドの特徴を生かしきれない感じがしますね。これも重量120です。

抹消者のローブとのセットは強いですが、金銭的に運用がつらいところがありますね。




ではニーヴの選択肢ですが、

ニーヴは3種類までつけることができますので、
まず火力系上昇系の


死のニーヴ(知力)
魔法攻撃で与えるダメージ + 3%
—————————————
精錬値が7以上の時、追加で
魔法攻撃で与えるダメージ + 1%
—————————————
精錬値が9以上の時、追加で
魔法攻撃で与えるダメージ + 1%
—————————————
[ダークハンド]と共に装備時、追加で
魔法攻撃で与えるダメージ + 5%



そしてステータス上昇系の

血のニーヴ(知力)
Int + 3
—————————————
精錬値が7以上の時、追加でInt + 2
—————————————
精錬値が9以上の時、追加でInt + 2
—————————————
[ダークハンド]と共に装備時、追加でInt + 5


この二つを軸を軸に名誉のニーヴを選ぶ感じになります。


名誉のニーヴは、装備や各人のプレイスタイルに応じて選ぶのがよく、どれといって正解はありません。


・ ヘルインフェルノがメインウェポンとして考えているのであれば、ASPDが上昇する迅速を

迅速
攻撃速度 + 5%
—————————————
精錬値が7以上の時、追加で攻撃速度 + 3%
—————————————
精錬値が9以上の時、追加で攻撃速度 + 2%
—————————————
[ダークハンド]と共に装備時、追加でAspd + 1



・ ブラギ等がない状況でも手数を増やしたい場合はディレイカットの熟練を

熟練
スキルディレイ - 5%
—————————————
精錬値が7以上の時、追加でスキルディレイ - 5%
—————————————
精錬値が9以上の時、追加でスキルディレイ - 5%
—————————————
[ダークハンド]と共に装備時、追加で
スキルディレイ - 10%



・ 詠唱速度が気になる場合は集中を

集中
詠唱時間 - 5%
—————————————
精錬値が7以上の時、追加で詠唱時間 - 5%
—————————————
精錬値が9以上の時、追加で詠唱時間 - 5%
—————————————
[ダークハンド]と共に装備時、追加で詠唱時間 - 10%



この3つから選びます。

どのニーヴについても過剰精錬で効果が上昇しますので、お金に余裕があれば+7は狙いたいところですね。


ちなみに、過剰しないのであればわりと簡単につくれるんですが、
この3つ(血・死・名誉)をつけると、王家の証が600個必要となります。


過剰のために複数用意しようとすると王家の証の消費がやばいことになりますので、過剰を狙う際は金銭面でお気を付けください。

精錬祭りのときにつくるのが正解だと私はおもいます。


ちなみに私の愛用は熟練を付けたやつです。究極精錬で9狙います!

関連記事
スポンサーサイト



Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

  • さんどまん
  • URL
No title

やっぱWLは火力追求してなんぼだよね!!って最近割りと思う
両手武器は敬遠されがちだけどバレッタとのセット効果見たら正直そうなる

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する