FC2ブログ
avatar image

#.044 トラペゾヘドロンシューズ[1]

トラペゾヘドロンシューズ[1]


トラペゾヘドロンシューズ


異世界で作られた謎のトラペゾヘドロンをあしらった靴。
見ていると吸い込まれるような不思議な感覚を覚える。
—————————————
火・水・風・地・無属性攻撃で受けるダメージ - 5%
—————————————
[トラペゾヘドロンシューズ]の精錬値が5以上の時、
追加で物理・魔法攻撃時、火・水・風・地・無属性モンスターに与えるダメージ + 5%
精錬値が7以上の時、追加で物理・魔法攻撃時、火・水・風・地・無属性モンスターに与えるダメージ + 10%

—————————————
系列 : 靴
防御 : 12
重量 : 50
要求レベル : 90
装備 : 全ての職業


とらぺぞへどろん。耳慣れない言葉ですね。
異世界で作られた謎のトラペゾヘドロンをあしらっているそうですが、トラペゾヘドロン自体がなにかよくわかってないレベルです。





というわけで雑学コーナー!


トラペゾヘドロンとは一体なんぞや?



説明しよう!!

trapezohedron:面が不等辺四辺形である多面体、偏四角多面体
鉱物という意味では偏方二十四面体、具体的に24面ダイスみたいなやつ。

D24_deltoidal_icositetrahedron.jpg
※画像はwikipediaより



トップの靴の画像をみてもらえばわかるように、トゥーの部分に赤い偏四面体の宝石様のものがあしらわれていますね。
これがトラペゾヘドロンです。

しかしここでのアイテム説明には、異世界で作られた謎の、という心くすぐられる枕詞がついてるトラペゾヘドロン。わたし。興味があります。


そこで、トラペゾヘドロンシューズのコンバート元の輝く編四角多面体の記述にも注目してみました。






輝く偏四角多面体 [1]

輝く多面体

異世界で作られた謎の偏四角多面体。
この世ならざる存在を召喚する為の道具らしい。


ここのアイテム説明文でいう

「異世界で作られた謎の偏四角多面体」は シューズの説明文にある「異世界で作られた謎のトラペゾヘドロン」と同義だとおもいます。

そして追加の一文

この世ならざる存在を召喚するための道具らしい。



最近はやりの異世界転生ものやなろう小説にでてきそうな、わたしもこういう類が大好きなのでとても興味をそそります。


というわけで追加で調べてみました。





めんどくさいから結論をいうとクトゥルフ神話に出てくるものと、RO内の説明が合致する感じです。



以下、クトルゥフ神話における輝くトラペゾヘドロンについてwikipediaより抜粋


輝くトラペゾヘドロンは、クトゥルフ神話などに登場する架空の物質。初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『闇をさまようもの』。

本体である輝く黒い多面体と、それを収める金属製の小箱からなる。多面体は、直径約10センチメートル程のほぼ球形の結晶体で、不揃いな大きさの切子面を数多く備えている。色はほぼ漆黒で、ところどころ赤い線が入っている。箱は不均整な形状をしており、非地球的な生命体を象った奇怪な装飾が施されている。多面体は、箱の内面に触れることなく、金属製の帯と奇妙な形をした七つの支柱によって、箱の中に吊り下げられている。

輝くトラペゾヘドロンを見つめることで、心に異界の光景を浮かび上がらせ、混沌の彼方より「闇をさまようもの」と呼ばれる存在を召喚できる。




私個人の知識がだいぶ偏りがあるのはわかっているのですが、北欧神話やギリシャ神話とちがい、クトルゥフ神話は体系的に読んだことがなくて、ほんとごく一部知っている程度です。

ですのでここまでWikipedia等をしらべてみて、やっとこのトラペゾヘドロンというものが、「闇をさまようもの」を召喚する道具ということ結びつきました。


闇をさまようもの、とはクトルゥフ神話では外柱で異界の神、這いよる混沌をもたらすもの


「ナイアルラトホテップ」呼ばれ、漆黒の3翼を持ちます。

私がこれを知ってるのはパズドラのやつですね。こういうやつ。



にゃるらとほてぷ
これは私のパズドラ画面。ブログ始めてからほとんどパズドラできてない。



そう、俗にいうニャルラトホテプ。


つまりこれ



















いつもニコニコ あなたの隣に 這いよる混沌 ニャルラトホテプです!


にゃる子
※アニメ公式ページより抜粋





長かったけど要約

とらぺぞはニャル子さんを呼ぶ道具だった。





おあとがよろしいようで。



話はかわりますが

そうびの説明文章を追っていていつも思うんですけど、

ROの装備文章かんがえてるひとって、わりとだいぶかなりこういう神話とかに長けてそうですね・・・めっちゃ考察しがいがあるっていうか。知ってないと多面体ととらぺぞの説明まできづかねーよって思う。

エンプレスグリーヴ、あなた見習って。


MHW.jpg






すっかり脱線してしまったので、とりあえずちょっとだけ装備説明です。
過剰精錬(+7まで)をすることにより、基本4属性+無属性モンスターに対しダメージを+15%することができます。

これは相手属性に対しての特化ですので、ガーデンオブエデン等の属性ダメージUPとは乗算です。ディーバ等で属性特化装備を使っていないのでしたらかなり優秀なダメ底上げとなります。

また、ほぼ+7が前提となることから、挿すカードとしては真化キマやグレイヴベリットが相性よく、対象となる5属性でROのmobの7割くらいカバーできるので、汎用向きともいえますし、単一属性狩り場では特化としても優秀でしょう。

暴走を前提としない狩りではいまでもばりばりの現役ですので、是非一度検討してみてください。




関連記事
スポンサーサイト



Theme: ラグナロクオンライン | Genre: オンラインゲーム

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する